Helloエブリティア!!

先週の木曜日、7月4日に久しぶりの #プーさん集会 やりましたよーい♫

IMG_5961
少し早めに現地に行きましたが、早速第1ピグレット発見!!!
遠目から見てもすでに可愛い//// 


IMG_5962
集合時間になると続々と集まってくれました^^
これくらい集まってくれたら主催者としては「ほっw」っとするところですw


IMG_5963
やっぱプクプーには可愛さで勝てない・・・


IMG_5964
お散歩前の記念撮影〜
プーさんとピグレットが半々くらい^^

IMG_5966
おもいおもいに集まって小さな集団が自然に出来ます^^
「おーむこうでも!」「こっちでも撮影してるんだな〜w」って思うと、こんな小さな集会イベントでもやってよかったかなーって思いますよ♪


IMG_5965
ごまの周りにもみんな集まってくれて一緒に撮影を・・・おいx!っw


IMG_5951
お散歩タイムの始まりです^^
(スティックでゆうくり歩いてると余裕ないね・・写真が無いw)
ふつうにまっすぐ歩けば3分少々の距離ですが、このお散歩中に「プーさんのちょっといい言葉」をご紹介しました!


例えばこんなの・・・

「友達に逢えない日は、一滴もハチミツが残っていないツボのようなものだよ。」

『ちょっと何言ってるかわかんないですけど』とか聞こえてきましたがwww
言わんとしていることはわかりますよね!!ね!?
ドラクエで毎日一緒に遊んでるお友達がたまーにログインしない日があると、みんなも似たような気持ちになるんじゃ無いかな?


もう一つご紹介・・・

ピグレット「ねぇプー、loveってどう書くんだっけ?」
プー「書くものじゃないよ、感じるものだよ。」

・・・深いですね。
ぬいぐるみのブタとクマの会話とは思えませんね、大人の会話です。


ちょっとシチュエーションを変えて、この2人を入試を控えた女子○生と、イケメン家庭教師に置き換えてみましょう。




女生徒「センセイ・・・私に・・・愛の意味教えてくれますか・・・」

家庭教師「愛は考えるものじゃない、こうしてそばにいるだけで感じるものだよ。

女生徒「センセイ、私が今センセイを見ていて感じているのは愛ですか・・・」

家庭教師「そんな風に考えちゃいけないよ、君と僕は生徒と教師の関係なんだ、それ以上2人の距離が・・・近ずいちゃいけない」

女生徒「どうしてですか!私だってもう子供じゃないのに!」

家庭教師「わかってるさ!分かっているからこそ言葉では拒んでいるのに、君から目を反らせずにいるんだ!」

女生徒「センセイも本当は私と同じ気持ちを感じてくれてるの?それならどうして我慢しなきゃいけないの!?」

家庭教師「そ、それは・・・僕が大人になってしまったから・・・」

女生徒「大人はみんな『自分に嘘をつくな』とか『思うまま正直に生きろ』って言うくせに・・・
              いざとなるといつも世間体を気にしてばっかり!本当に大事なものってなんなんですか!
              センセイ!愛より大事なものってなんですか?愛ってなんなんですかー!」

ママ「もうやめて!茜の気持ちはママだって気づいてたわ、だけど・・・認めるわけにいかないのよ!」

家庭教師「純子・・・聞いていたのか・・・」

女生徒(茜)「え・・・純子・・?どうして名前で呼ぶの?ママ、どう言うことなの?」

ママ(純子)「ごめんなさい茜、どうしても言い出せなくて・・・ママと優弥さんは・・・そういう関係なの・・・」

家庭教師(優弥)「や、やめろ純子!そんなこと打ち明けなくたって!」

ママ(純子)「ダメよ優弥くん・・・もうこれ以上秘密には出来ない!私だって茜の話を聞いていて、胸が張り裂けそうだったのに!」

女生徒(茜)「センセイどうして・・・あんなに優しくしてくれなければ、私だってこんな気持ちにならなくて済んだのに」

ママ(純子)「ダメよ茜、優弥くんはそういう人なの、みんなに優しくて誰にでも好かれちゃう・・・そんな人なのよ」

家庭教師(優弥)「いや、僕がいけなかったんだ、少なからず茜ちゃんにも愛おしい気持ちはあったんだ・・・」

女生徒(茜)「センセイ・・・」

家庭教師(優弥)「やっぱり母娘だよな、側にいるとおなじ空気を感じるっていうか、同じ瞳の輝きを見ていると、同じように愛おしくなってしまった・・・」

ママ(純子)「優弥くん・・・私たち母娘を同じように愛してくれていたのね・・・」

女生徒(茜)「こんなのって私にはわかんないよ!ママは平気でいられるの!?自分と同じように愛するなんてこと!
                         だって、こんなに苦しいんだよ?いてもたってもいられない気持ちなのに、それと同じようにだなんて・・・」

ママ(純子)「茜、あなたにもわかる時が来るわ、茜が優弥くんを想うように、優弥くんも茜を・・・ママだって優弥くんを想ってる。
                         そして茜・・・ママはそれに負けないくらいあなたを想っているのよ・・・」

女生徒(茜)「ママ・・・やっぱりまだ分かんないけど、同じ人を愛してしまったママをわたしも嫌いになれない。こういうことなのかな・・・」

ママ(純子)「とにかくこのことはパパには内緒にしておきましょ、先のことを今決めてしまうには、3人にとって酷じゃない?」

家庭教師(優弥)「あ、ああ、そうだね。とにかく落ち着こう、僕は1人の時に将来のことを真剣に考えるよ。
                                今まで通り僕が家庭教師でいいんだね?茜ちゃんはとにかく今は進学のことを考えよう。心配はいらない、君に黙ってママと会うなんてしな
                                いから・・・」

ママ(純子)「そうね・・・3人とも少し現実を見なきゃいけないのよ・・・」

女生徒(茜)「うううぅ・・・(泣)」

ママ(純子)「ごめんね茜・・・ママが諦めなきゃいけないって、わかってはいるの・・・でもここで答えを出すのはママにだって簡単じゃないのよ」

家庭教師(優弥)「もうこんな時間か、いつのまにか日が暮れてしまったな・・・気を引き締めて、明日からも仕事として割り切って伺います」

ママ(純子)「そうねだいぶ遅くなってしまって・・・落ち着かないかもしれないけど、優弥く・・・センセイ、夕飯食べて行って?」

家庭教師(優弥)「いや、さすがに気まずいな・・・お父さんそろそろ帰ってくるよね?」

ママ(純子)「あ、そうね。確かに気まずいけど、そういえばパパには一度もあってないんじゃない?こんなに遅くなったこと無かったものね?」

家庭教師(優弥)「う、うん。やっぱ一度くらい挨拶したほうがいいかな?」

ママ(純子)「そうね、家庭教師に来ていて一度も顔会わせないのも、気持ち悪いものじゃない?」

女生徒(茜)「私なら大丈夫よ、もうだいぶ落ち着いた。変な顔しないからw センセイ、ご飯食べて行って?」

家庭教師(優弥)「そうか、じゃあお邪魔していこうかな・・・」

ママ(純子)「それじゃあ準備するわね、今日は親子丼よ」

パパ「ただいまー」

ママ(純子)「あ、ちょうど帰ってきたわね。はーい、お帰りなさい!」

パパ「お?誰か来てるのか?」

ママ(純子)「家庭教師の木下さんよ、今日はちょっと頑張ってもらって、遅くなったからご飯でもどうぞってお誘いしたの」

パパ「そっかそっか、『家庭教師の木下くん』としか聞いてなくて、会うのは初めましてだな」

家庭教師(木下優弥)「どうも、はじめまして。2ヶ月ほど前からお世話になっています、木下です。」

パパ「やあどうも、茜の父親でs・・・え、優弥?」

家庭教師(木下優弥)「え!!!!』

ママ(純子)「あら、お知り合いだったの?」

女生徒(茜)「えーwすごいねーみんな繋がってるなんて」

パパ(博)「ビクッ!茜!そんな、つ、繋がってなんて!!」

ママ(純子)「どうしたのよ、変に動揺しちゃって〜」

家庭教師(木下優弥)「そ、そうですよ、まだ全員と繋がったわけじゃ・・・あ!いえ、何でも・・・」

パパ(博)「え!まさか優弥!だれと繋がったっていうのよ!    いや、あの『のよ』って言うのは誤爆で・・・」

女生徒(茜)「え?なに?ど、どうしたのよ、みんな変よ〜母娘丼が冷めちゃうじゃない?」

ママ(純子)「簡単にさめないわよ、ママ、さっきからずっと火照ってるもの・・・////」

家庭教師(木下優弥)「純子、僕ももう我慢できない・・・!!!」

女生徒(茜)「キャ!センセイこんなところでズボンおろさないでよ!」

パパ(博)「何やってるんだお前たち!俺は・・・俺だって優弥のことを!!!

家庭教師(木下優弥)「だ!ダメだよ博!それだけは言っちゃダメだぁーー!!!!」



「愛」って、どんなに綺麗に綴ったり、花に例えて歌にしても陳腐になってしまいますね。

そう、プーさんは「愛」の真理を語っていたのです。

「愛は感じるもの」だと。















あ、ちょっと熱くなりました。



IMG_5950
そんなこんなでプクレット村に到着。


IMG_5968
しばしご歓談&トイレ休憩(ごま)をはさみ


IMG_5967
その間もおもいおもいに撮影会がされています^^


IMG_5953
さあお待ちかねのダイス大会です♪


IMG_5969
4回のダイス大会優勝は全てプク!っっw
(ブログへの掲載を告知していなかったので、一応お名前を伏せることにしました)
豪華ではありませんが、皆さんに賞品お渡ししましたよ〜^^


IMG_5970
最後まで残ってくれたみんなで集合写真です^^


IMG_5971
2日前の告知にもかかわらず、初めましての方も含めたくさんのご参加ありがとうございました〜♪
いつになる未定ですが、また次回お会いしましょう〜^^




只今おさわりサービスタイム中♡

ドラゴンクエストXランキング